賃貸物件の初期費用のいろいろ

住みたい部屋が見つかって、さあ契約をしようというときに、ネックになってくるのが初期費用です。とはいえ一口に初期費用と言っても、その種類は意外とたくさんあります。まず初期費用として代表的なのが、敷金と礼金です。ネットや情報誌の物件情報で、かなり目立つところに書いてあるので、おそらく見たことがあるかと思います。「敷金一か月分」とか「礼金二か月分」などといった書き方がされていますが、一か月分というのは、家賃一か月分ということであり、要するに家賃が五万円だとしたら敷金も五万円ということになります。

仲介手数料とその無料の仕組みとは

仲介手数料も初期費用のひとつです。最近では、この仲介手数料を半額にしていたり、あるいは全額無料にしていたりする物件もありますが、この仲介手数料は基本的には家賃一か月分と消費税を合わせた額で計算されます。仲介手数料というのは、大家さんに支払うものではなく、物件の紹介をしてくれた不動産会社に支払われます。要するに、借り主と貸し主を仲介してくれた不動産会社がその手数料として両者から徴収する料金であり、だから仲介手数料無料なんて銘打っている物件というのは、貸し主がその支払い費用を全額負担しているということになるんですね。

他にもいろいろ初期費用

敷金や礼金、それから仲介手数料以外にも、初期費用はいろいろとあります。その中でも意外に見落としがちなのが、家具の購入費用と引越し費用でしょう。前払いの家賃や火災保険料などの初期費用は賃貸契約書にも記載されている事柄ですので、まず計算のし忘れはないでしょうが、家具や家電の購入費用や引っ越し代金というのは自分で計算しておかなければならないものです。これらを予算に入れ忘れて賃貸物件を決めてしまうと、後でお金が足りなくなってしまうなんてことも。くれぐれも気を付けましょう。

借主の意向が反映されて部屋を改修することができるDIY型の賃貸では、借主の費用負担を軽減するために、貸主と不動産業者、借主の三者で費用を負担しあうというスタイルもあります。