外壁塗装でどのようなことをやるのか

マンションや一戸建てなどの住宅には必ず外壁塗装が施されています。しかしそれらは塗装してから数年あるいは十数年で劣化がはじまります。劣化が進むと亀裂や欠けなどが生じるようになります。これらは戸建住宅ならば外観を損なうだけで済みますがマンションなどの場合には落下物となってしまうため非常に危険な状態になってしまいます。こうした事態にならないためにも塗膜を一度剥離撤去させて新しい塗装を行う外壁塗装工事が必要なのです。

外壁塗装の工事業者はどこまで引き受けてくれるか

外壁塗装工事は見積もりから足場の架設に施工まで一連の流れがありますが、業者によっては足場架設を自社で行えない場合もあります。そのような際には別途足場業者を手配しなければなりませんから足場の架設を自社で行っている外壁塗装業者に任せるのがベストです。全て一括して引き受けてくれる業者の場合には塗膜撤去から塗装に至るまで全ての工程を責任持って施工してくれるので安心です。また見積もり料金はほとんどの業者で取られることはありません。

外壁塗装の工程とはどのようなものか

外壁塗装を行うには高層建築の場合でも低層住宅の場合でも例外なく足場が組まれます。足場の架設が終わるとまず外壁の塗料がどのような常態なのか打診棒などで調査をします。この調査でひび割れや剥離などが生じていた部分については下地から再度塗装を施すことになります。それ以外の健全な部分の塗膜についても上から塗料を塗るので建物全体の外観が向上します。マンションなども場合には外壁塗装を行うことで建物の資産価値が向上することもあります。

アパート塗装なら千葉で評判の業者に依頼することで、高品質な仕上がりによって建物の見栄えを良くすることができます。