一般家庭で活躍する電気工事

現代社会で人間の活動を支える重要なインフラであるのが電気です。電気は、使い勝手がいい利便性の高いエネルギーである反面、扱いを誤れば事故にもつながる可能性はありますよね。そこで、確かな電気工事の技術力を持ったエンジニアが、電気工事には当たります。電気工事技術者が活躍する場所としては、一般家庭の電気工事現場があります。住宅には電気を利用するための電気配線が張り巡らされていて、それらの工事を担当できます。

ビルメンテナンスの電気工事

電気を利用する施設として大きいのがビルです。その内部では、各フロアに十分な電力を供給するため電気ネットワークを備えています。またビルによっては、もしもの停電の備えとして、非常用の電源設備を備えている物件もあるでしょう。こうしたビルに必要な電気設備の設置や管理運営には、電気工事技術者が関わることができます。ビルの電気設備に問題があると、大きな範囲で影響が及ぶため、慎重な電気工事の作業が必要なのです。

工場や発電所での電気工事

大量の電力を扱う施設といえば、工場や発電所でしょう。電気は、生産力アップのための重要なエネルギーです。また、電気を生み出す発電所では、危険性が大きい高い電圧と電流を扱います。これらの施設では、通常ではない電気工事のための特別な知識やスキルが必要であり、簡単に従事することはできません。大きな電力を扱うための資格試験を取得しておく必要があり、それだけにやりがいある重要な電気工事エンジニアの役割であるといえますね。

柱と柱の間に対角線に取り付ける筋交いは、台風や地震などで建物が横揺れを起こしたときのねじれを軽減させたり、衝撃を緩和させたりする役目を持った補強材です。取り付けの方法として、片方の対角もしくは、たすき状に専用のプレートを使って取り付けます。なお、古い住宅では取り付けられていない住宅もあるため注意が必要です。