電気かガスか給湯器問題

オール電化住宅は、ガスを一切使わない住宅で、給湯器やコンロも全てガスより安い電気を使います。そうすることで、オール電化割引がうけられ、さらに電気代が安くなるメリットがあり、光熱費をかなり安くできるメリットがあります。また、ガス仕様の住宅は、安い都市ガスが利用できる地域に多く、オール電化住宅に比べ、光熱費は高くなりますが、その高い火力が非常に魅力的で、そのため料理はおいしく作れるようです。どちらも一朝一夕あり、誰しもが悩む問題のひとつです。

無限に広がる間取りを決める

新築住宅の中でも、注文住宅でマイホームを建築される方は、間取りまで自由に決められるので、これは悩みの種です。玄関の位置や広さ、LDKの広さや向き、階段の位置など、本当に建てる人それぞれのこだわりがでるところではないでしょうか。そんな自由自在に設計可能な間取りですが、本当に悩みすぎてどうしようもなくなったときは、最もオーソドックスな間取りにしてみることがおすすめです。家は結局、建てることよりも住むことを重視するべきで、住みやすいまどりというのは、オーソドックスな間取りなんです。

内装外装カラーコーディネート

同じ間取りで同じ家を何棟か建てたとき、まずその使用する外壁の色によって、それぞれ雰囲気や印象が全く違ってくると思います。それほど、家の内装や外装において、色が与える影響は絶大だといえますので、必ず、誰しもが悩みます。外壁や、クロス、フローリング、水周りなどなど、家中の色を決めるのは楽しい作業ですが、これも悩みだすと止まらなくなります。そんな時は、基本的には、住む時の事をイメージして、奇抜な色はワンポイントくらいにしておき、基本色はシックで落ち着いた色にすることがおすすめです。

都心にもほど近く、自然にも恵まれショッピングエリアも充実の船橋市で新築一戸建てを買う人が増えています。敷地や間取りはゆったりと設計され若い夫婦にも手の届く価格のものも多いため、住宅市場は活気あるものとなっています。