新店舗オープンに居抜き物件を利用する

新しく飲食店などの店舗を開く場合には物件を探す必要があります。その際に居抜き物件を一つの選択肢として検討してみることもお薦めします。通常でしたら前の入居者は原状回復をしてから退去しなければいけませんが、居抜き物件の場合は店舗内の造作をそのまま残して退去します。その残された造作を新しい入居者が継続して使用することにより、新しい店舗を開くための準備にかかるコストを抑えられるメリットがあります。新店舗オープンには何かと資金が必要ですので、節約出来るところは出来るだけ節約するようにしたいです。

退去する側にとってもメリットがある

居抜き物件は新しい入居者だけでなく退去する側にもメリットがあります。退去する際には賃貸契約によって原状回復の義務が課せられています。設備を処分したり移動させたりするのにも結構費用負担が発生します。しかし居抜き物件の場合ですと原状回復費用の負担がかかりませんし、造作に関しても新しい入居者に売却することが出来ます。その売却代金を移転もしくは退去費用に充てることが出来ますので、居抜き物件は退去する側にとっても大きなメリットがあります。

居抜き物件で注意すること

退去する側と入居する側双方にメリットがある居抜き物件ですが、利用する際には注意すべきこともあります。退去する側にとっては、賃貸契約満了日までに新しい入居者を探し出さなければいけません。もし入居者が決まらなければ賃貸契約通り原状回復義務を負うことになります。入居する側は、契約前にきちんと造作の状態や性能を確認しておくことが必要です。もし使用し始めてからすぐに故障したり、使い勝手が悪かったりしますと撤去して新しい造作を購入する必要が出てきて、余計な費用負担が発生してしまいます。

今までの経験を生かして経営者として自立を行いたい場合には、商売に合わせた様々な条件に対応する店舗物件に高い利用価値があります。