家主にとっては大事な指標

住みたい部屋が見つかって、さあ契約を結ぼうというときに、借り手は入居審査というものをうけなければなりません。そんなことやらなくても契約してほしいと思うことはやまやまですが、部屋の貸主にとっては、この入居審査でもって借主の素性などを知っておかないと、あとで損を被ることにもなりかねないので、家主からするとどうしてもはずせないものなのです。それでは家主というのは、どういう項目や基準で審査をしているのでしょうか。

身なりや雰囲気も結構見られている

入居審査をする際に、見た目の身なりや雰囲気というものが、結構参考にされていたりします。もちろん、そういう部分はほとんど見ないで、経歴や収入状況だけを見ることもありますが、大事な自分の家を貸して住まわせるわけですから、やはりそういう見た感じの部分で気に入った人を住まわせたいという大家さんも結構いるのです。それは部屋探しをしている段階から気を付けておいた方が良くて、たとえば態度が悪かったりすると大家さんの心証も悪くなりがちで、収入状況が悪くなかったとしても、入居を拒否されたりすることがないとは言えないので、気を付けておいた方が良いでしょう。

いちばん大事なのは収入

賃貸経営をしているものにとって、いちばん厄介なのは家賃の滞納です。入居審査というのは、基本的には家賃をしっかり支払うことができるかどうかというところを最もよく見ています。というのも、賃貸経営というのはそのほとんどを家賃収入でもって賄っているものです。したがって家賃滞納が発生すると、家主は収入を得られないということになってしまうので、要するにそれは死活問題なのです。入居審査は、いわば家賃の支払い能力があるかどうかというところを見るものなのです。

帯広市の賃貸物件を選ぶときには、建物が寒冷地仕様になっている点に注目するのがポイントです。また駐車場が敷地内にある物件であれば、会社への通勤もスムーズです。